税理士になりたいけどどうすればいいのでしょうか?@そんなあなたにお答えします!

 

試験を受けて合格する

税理士として働くためには前提として資格を取得することが必要ですが、資格の取得方法については誰でも受験資格があるというわけではなく、大学や短大など高校を卒業した後に進学して必要な単位を取得していることが条件になります。


ただし、高卒の人は税理士になることができないというわけではなく日商簿記の一級試験に合格をしている場合は受験資格として認めてもらうことができるので税理士の試験にチャレンジすることができます。

ちなみに資格を取得する人の中には中年になってから目指して取得することができるように仕事をしながら勉強に励んで税理士としての道を切り開いている人もたくさんいますが、かなりの時間をかけないとそう簡単に取得することができる資格ではありません。

ちなみに独学で合格することができる人はほとんどおらず、多くの人がスクールなどに通って試験を受けていますが、本気で目指そうというのであればきちんと習って知識として吸収しないと試験を受けて合格することは難しくなります。

いろいろな勉強法があるので自分にあった方法で勉強を進めて行くというのがポイントになってきますが、試験に向けたスケジュールをきちんと立てるということも勉強をする上でのモチベーションとしては必要になります。

税理士の資格を取得することによってさまざまな可能性が広がりますが、実際に仕事として活かすためには資格の有無だけでなく人柄も重要なポイントになってきます。

税理士になるために必要な時間やお金

税理士になるためには難しい試験を受けて合格しなければならないので簡単になることはできず、時間をかけて少しずつ勉強をして知識を供給していくという形になります。


税理士になるために必要な勉強時間は約5000時間と言われていますが、それほどまでに税金に関する情報量というのは多くなっており、もちろん目安であるため実際にはこれ以上の勉強時間を必要とする人もいます。

また、この試験に受ける人の中にはこれまで大学や専門学校の中で税に関することを専門的に含まれているので、高卒で試験を受けて合格したいと考えている人や理系でまったく縁が無かったという人でも試験を受けることができるようになっています。

税理士の試験を受けて合格するためには受験資格というのが存在していますが、まったく資格がないという場合は受験資格を得るために簿記の一級試験を受けて合格するなど最初のハードルが待ち構えます。

勉強方法については独学で目指す人も多くいますが、このような人は特に税理士として仕事を今すぐしたいと考えている人ではなく長期的に見ていつか資格の取得ができたらいいというくらいの感覚の人がたくさんいます。

勉強をたくさんすればするほど税金に関する知識についてもしっかり身についてくることになるので継続性を意識するということが大切です。

モチベーションを維持するという意味でも将来的に税理士の資格を取得した後にこうなりたいという理想像を持つことも大切です。

試験勉強のためのモチベーション

税理士になりたいと思ってから実際に勉強を始めて資格の取得をすることができるまでにかかる時間は早くても数年は覚悟が必要で、中には数十年という単位の時間をかけて勉強をしている人もいます。

難易度が高い資格ということもあってすぐに取得することはできないので、長期的に見て勉強のプランを考えることも税理士になるために必要なことだと言えますが、モチベーションを維持することが何より大切なことでもあります。

モチベーションの維持を考える上でポイントになってくるのは税理士になった後にどうなりたいかということをイメージすることで、最終的に資格の取得ができる人というのは資格取得後のことまでしっかり考えることができている人になります。

モチベーションの維持というのは大変ですが、せっかく資格の取得を目指すのであれば継続的に勉強を続けることができるようにモチベーションの維持を心がけることが大切です。

税理士になるための勉強はさまざまな税金に関することやお金に関係することを学ぶことになりますが、勉強を通して知ることができることも多く勉強をして知識を得ることがモチベーションの維持にも繋がってきます。

また、根詰めて毎日勉強をしていると疲労感が溜まって勉強に集中することができなくなることもあるので気分転換を勉強の間に挟むことも大切で、体や心のバランスなどもしっかり考えて税理士になるための勉強を進めて行くように心がけるようにしましょう。

他の資格を取得しているとなれることがある

日本にはさまざまな税金制度があり、同時に勤労の義務と納税の義務が国民に科せられているので、しっかり仕事をして得た収入の中から税金を納める必要があります。

税理士になるためには必要な知識や技能をきちんと学ぶ必要がありますが、数千という時間の勉強時間を必要とすることから実際に資格の取得をすることができるまでにはかなりの時間的な負担がかかることになります。

しかし、これは一般的な方法で税理士を目指す場合の話しであり、資格によってはあらかじめ取得しておくことによって税理士の試験を受けるための資格が免除されることもあるので試験に合格するまでの道のりもかなり早まることがあります。

ちなみに公認会計士の資格を取得している場合は試験を受けることなく税理士としての登録をすることができるようになっており、同様に弁護士の資格を取得している場合も試験そのものが免除されます。

このように税理士には上位資格なるものが存在しているので場合によっては資格の取得もスムーズな場合もあります。

しかし、多くの人は一からの勉強になってくるのでしっかり資格取得に向けてスケジュールを組むことが大切です。


ちなみに高卒だとそのまま税理士の試験に受けることはできませんが、銀行や保険会社などお金の流れや運用などに携わる仕事をしてきたことがある人や法人などの事務をしてきた人であれば受験資格が免除になるのでスムーズに税理士の試験を受けることが可能になります。

仕事をしながらでも資格の取得はできる?

大人になってから税理士を目指すという人も少なくありませんが、スキルアップ資格として人気があり、さまざまなところで活躍することができることに加えて、受験資格についても大学や短大を卒業していることや簿記の一級資格を取得していれば試験にチャレンジすることができるので受験資格を得やすいことなども人気になっています。


中には仕事をしながら税理士の試験を受けるという人もいますが、実際に仕事をしながらでも試験を受けることは可能で、仕事の合間を見つけて勉強をして税金に関する知識をどんどん取り入れることも方法としてあります。

仕事をしながら税理士の資格を取得するための勉強をするためには勉強のリズムを生活の中でつけることが大切で、勉強のスケジュールをしっかり立てることによって資格取得に向けてもどんどん近づきます。

最近はインターネットの無料サイトでも税理士になるための勉強方法などが公開されているので、これを利用することによって空いた時間を活用して勉強をすることができます。

ただし、これは時間に余裕がある人の資格取得に向けた道であり、今すぐ資格の取得をして転職をしたいと考えている場合は仕事をしながら勉強をしても資格の取得までにかかる時間は長くなる可能性もあります。

また税理士に向けた勉強のモチベーションを維持するという意味でも資格取得に向けた明確な意志を持つということも勉強を続けていく上で必要なことだと言えるでしょう。